私たちの商品コンセプトは「Organic & Raw food」です。

ローフード(生食できる食べ物)により、熱で失活する食物酵素をしっかりと愛犬のカラダに摂り入れるのが目的です。食物酵素には様々な働きがありますが「免疫力の強化」、「がん細胞の抑制」、「変形疾患の軽減」などが期待できます。

どれも愛犬の健康と長寿に深く関わるものです。


愛犬にとって生の鹿肉とは

鹿の生肉や内蔵に含まれる食物酵素は犬の健康にとって必要不可欠であり、強い胃酸と短い腸を持つ犬の体は自然に消化できる機能を備えています。鹿の骨は漢方・生薬とされ、滋養強壮や筋骨を強める効能、内臓の衰弱を整える作用があります。ビッフルの商品は契約猟師が仕留めてから90分以内に処理場へ持込んだ野生の鹿から作る、新鮮で清潔な酵素たっぷりの生ドッグフードです。


完全無添加の実現

生食だからこそ原材料にこだわります。私たちの商品は抗生物質や成長ホルモン、ガンを誘発すると言われる飼料の残留農薬の心配がありません。加工においても保存料、着色料、香料などの添加物は一切使わず天然成分100%です。薬品にコントロールさせない分、捕獲から包装まで各工程の衛生管理を徹底しています。


あたえ方と注意点

まずは扱いやすい「ふりかけパウダー」をお試しください。普段のご飯に少量トッピングして愛犬の様子を観察し、アレルギーチェックと共に嗜好性など飼主さまと愛犬に合うものかどうかをご判断ください。天然の生肉と生骨を使ったドッグフードは、慣れないうちは気味が悪かったり、匂いが気になったりするかもしれません。お気持ちよくわかります。でも愛犬の反応を見るまで頑張ってみてください。オーガニックの生肉は愛犬にとって素晴らしい体験になり得るものです。


反応例と対処法

鹿肉は低アレルギー食材ですが以下のような症状が出ましたら使用をやめて下さい。

【かゆみ・湿疹・腫れ・激しく舐めたり噛む・乾燥・脱毛・鼻炎・目の炎症】

下痢や嘔吐は生肉への切り替え時によくある反応です。高圧高温処理されたドライフードに馴れている身体は、初めての生肉にビックリして排出しようとするかもしれません。特に老犬や病気療養中の場合、体内の酵素バランスや腸内環境が整うのに多くの時間がかかると言われます。胃腸が敏感な子、好き嫌いなど、一番近くにいる飼主さまにしかわからない事があります。愛犬の身体に合えば素晴らしい効果が期待されます。だからこそ最初は注意深く時間をかけて試していただくことが必要です。